LAKUBI(ラクビ)は妊娠中・授乳中でも飲んでも安全?母乳への影響は?

MENU

LAKUBI(ラクビ)は妊娠中・授乳中でも飲んでも安全?母乳への影響は?

 

妊娠中や授乳中は自分だけの体ではないため、サプリメントや薬などを飲む際はとても神経を使いますよね。

 

では、ダイエットと整腸効果が期待できるラクビは妊娠中や授乳中でも飲むことができるのでしょうか?
ここではラクビの安全性について解説していきたいと思います♪

 

 

LAKUBI(ラクビ)は妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫?

ラクビの公式サイトによると、ラクビは妊娠中や授乳中でも特に問題となる成分は含まれていないと記載されています。

 

ラクビの配合成分は…

 

・酪酸菌  ・サラシアエキス  ・ビフィズス菌乾燥原末  ・イソマルトオリゴ糖
・キトサン ・澱粉  ・ゼラチン ・トレハロース ・ステアリン酸カルシウム
・微粒酸化ケイ素  ・リン酸カルシウム

 

確かに添加物も食品によく使われているものですし、キトサンはアレルゲンフリーの植物性を使用しているので安全性は高そうです。

 

しかし、ラクビを試した人からは一部「妊娠中は使用しないほうがいい」という声もあります!

 

LAKUBI(ラクビ)の成分をしっかりチェックすること

公式サイトでは特に問題はないと記載されているのに、なぜ使用者の中に妊娠中は使用しないほうがいいという人がいるのでしょうか?

 

おそらく、使用者の方が気になったのはラクビに配合されているサラシアエキスではないかと思います。

 

なぜサラシアエキスなのかというと…
サラシアエキスは妊娠中の人には絶対に避けたい流産と関わっているからです!

 

⇒ラクビの詳しい成分や効果についてはこちらの記事で紹介しています!

 

サラシアが含まれているLAKUBI(ラクビ)は流産する可能性がある?

サラシアはインドやスリランカなどの東南アジアに生息する植物で、古くから糖尿病・肥満の民間療法に用いられてきました。

 

健康のためにはとてもいいものなのですが、残念ながら副作用の危険性もあります。
具体的には、腹痛・下痢・肝臓の肥大・稀に流産など。

 

ただ、流産の報告があるのはラット(動物)だけでそれも稀ということなので、それほど神経質になる必要もないとは思いますが…

 

妊娠中はとても体がデリケートになり、神経も過敏になりがちなのでこのような研究結果が気になってしまうのは仕方ないですね。

 

LAKUBI(ラクビ)は母乳に影響する?

ラクビ愛用者の中には、「授乳中の人も使用しないほうがいい」という人もいます。
授乳中の人が避けたほうがいい理由は、妊娠中と同じくサラシアエキス。

 

しかし、妊娠中と同様授乳中の人がサラシアエキスを避けたほうがいい理由は明確ではありません。

 

いずれにしても、一度に過剰摂取をするようなことを避ければ問題がないように感じますが…
念のため、妊娠中・授乳中はラクビの摂取は控えたほうがいいかもしれませんね。

 

どうしても飲みたい人は、かかりつけの医師に相談してからにしましょう。

 

LAKUBI(ラクビ)は産後ダイエットにおすすめ?

ラクビは妊娠中と授乳中は避けたほうがいいのですが、いざ出産して授乳もしなくなれば…
当然ラクビは産後ダイエットにはおすすめです!

 

実際にラクビを飲んでいる芸能人にはママも多く、後藤真希さん・藤本美貴さんなどは出産したとは思えないほどの美しさです♪
藤本美貴さんは、「お腹の調子を整えてくれるのは本当に嬉しい、継続って大事」と述べています。

 

「産後太りやすくなってダイエットは諦めている」という人も、芸能人のラクビの口コミを見て今後の励みにしてみてくださいね!

 

 

こちらの記事もよく読まれています☆